悠々カードのみですませるかkkdayで桃園Air port 往復を事前予約するか

調べたら桃園メトロの運賃は悠々カードで割引にならないみたいです。

私は到着してすぐ台北行きの空港MRTに乗りたかったので、日本であらかじめKKdayの桃園空港⇆台北の往復トークンを予約購入しました。

kkday桃園空港MRTトークン

880JPYの往復のトークンです。少しお得みたいです。

往復で予約購入したので2枚受け取ります。

受け取り場所で悠々カードも購入できるとブログで見たので買ったのですが、カード式ではなく、キーホルダー式のものだったので
使いづらかったです。

なので桃園空港から台北駅まで渡されたトークンで行き、台北駅についたら構内のコンビニで買うと良いかと思います。

帰宅日に桃園空港到着して改札から出るときトークン入れればいいと思ったのですが(行きの台北到着時の出口では入れただけ)
なぜかブザーがなり・・真横に窓口があってスタッフもいたのですぐ来てくれたのですが、トークンが落ちないでハマってたのをスタッフの方が
取り出して一旦タッチしてから投入してました。

桃園空港到着時だけはこうなのか?タッチしてからの投入???イマイチ良くわかりませんでした。

でも、トークンを事前に往復で購入しておくのはおすすめです。(帰りのは失くさないよう小銭入れに大切に保管)

スポンサーリンク

私は帰りがバタバタしてしまい、しかも台北駅構内遠いし迷うこともあるので、時間ギリギリになってた場合トークンの買い方が分からずあたふたしてしまうと桃園空港行きの特急MRTとか出発してしまったりするので事前に購入をお勧めします!
若干安いですしね・・・

あとこちらの記事を読まれてる方はまだ旅行前、台北は初めて。だと思いますので、
ちょっとしたtipを。

入国審査はこちらでオンラインでしていったほうが良いです。

入国カード

パスポート渡して読み取りした時に恐らく自動的に予め入力したデータが表示されてるのかな?
提示を求められることもなく、何も言われませんでした。
隣の席の日本人の方はCAからimmigration card貰って座席で書いてたので、事前にオンラインで提出をおすすめします。

あとは、帰りの飛行機でCAさんが税関申告書??の紙を必要ですか?みたいに声かけながら歩いてくるので
これは貰って飛行機の中で書いてください。あの、麻薬は持ち込んでいません。みたいにチェック入れる紙です。
日本に到着して出国する際に提出します。
(スタッフが紙を高くあげてご用意して下さいって教えてくれてますよ)

これも海外が久しぶりだったので必要ないと思いスルーしたのですが、何度か往復していたので気になったので、着陸間際また紙を持ってCAさんが通った時に
What is this?って聞いたら、
Japanese?って聞かれ、頷くと日本人用の紙を渡されました。

隣の席の方も知らなかったようだったので、久しぶりの海外旅行の方のためにシェアいたしました。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)