やっと分かったBoostnoteをDropboxへ保存しiphoneで見る

デフォルトだとmy strorage locationで設定された場所にデータが保存されてしまうため、
新しくストレージを追加してそれはdropboxに溜まるようにします。

[mac側] finderでdropboxにいき、フォルダを作成。(私はboostnoteにしました)

[boostnote側] boostnoteアプリにdropbox用ストレージを作成します。詳細は割愛しますので他のブログをご参照下さい。

boostnote側で新しく作ったストレージでファイルを作成すると、保存場所をdropboxにしたのでdropboxの中にファイルが保存されます。作ったboostnoteフォルダの中にnoteとゆうフォルダが自動作成され、そこにファイルが溜まって行きます。

拡張子がcsonだったかな? このままだとipadでもiphoneでも見れなくて調べました。

mac側の dropbox-> boostnote(任意のフォルダ名) -> note の中に入ったファイルの拡張子をphpなりjsなりに変更します。

そしたらipadでもiphoneでも見れました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)