やっと分かった公開鍵、秘密鍵の使い回し

github用に一度鍵は作成した事があったけど、x-serverでもssh接続してMysqlをいじりたいと思った時に、
鍵は新たに作成しなければいけないのか、使い回しができるのか悶々としてググってました。

そしたらやっととてもわかりやすく説明してくださっているページを発見しました!

結論は、鍵はマシン固有のものなので、複数のマシーンを使用しているならマシンごとに鍵ペアを作成して使用する必要があるけれど、一台のmacから、githubにgit pushしたり、x-serverのMysqlをいじったりするなら、私が最初に鍵ペアをssh-keygenで作成し既にgithubにコピーして登録した公開鍵をx-serverに登録すれば良い。

そうゆう事か〜。基本すぎる内容なせいか、ググると作成方法の記事は沢山出てきますが、それ以前のお話がわかりやすく説明してあるサイトはなかなかなかったのでとても感謝致します!

公開鍵の場所はmacから
cd ~/.ssh 
で.sshまで移動してlsで中身みますと、authorized_keys id_rsa id_rsa.pub known_hosts と表示され、中に4つのファイルがあるのがわかります。

最初からコピーするにはcatコマンド使用して中身の表示をしてしまう
cat ~/.ssh/id_rsa.pub
このコマンドでid_rsa.pubの中身がダーっと出てきます。

コピーするのは一番最初のssh-rsaから、最後のメールアドレスまで全て丸っとコピーです!
それを公開鍵置き場にペースとして登録します。

参考URL

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)